女の人

うつ病との付き合い方|早めの診断と日々の過ごし方が重要

主な治療方法

ナース

治療とは

うつ病は現在も研究が続けられている病気であり、今現在効果があると判明している治療方法は、投薬治療とカウンセリングです。抗うつ剤を飲むことにより、セロトニンの減少量を減らしたり、眠りやすくなったりとうつによって発症している原因を緩和したり、カウンセリングによってメンタルのケアを行っています。ここでは、そんなうつ病の治療方法についての基本事項を紹介していきましょう。なお、大前提として覚えておいてほしいことは、これら治療はあくまでうつ病を治すための「手助け」であり、本当の意味で治すには自分自身で克服する必要があるのです。カウンセリングや投薬によって自分の状態を理解していき、そこから自分で克服していくしかないのです。

投薬による治療

投薬による治療について紹介しましょう。これは、抗うつ剤と呼ばれるお薬を使用し、症状を緩和していく治療方法です。たとえば、うつ病の最大の原因であるセロトニンの消失を抑制したり、睡眠障害によって苦しんでいる場合はよく眠れるようにしたりと、患者の症状によって使用される薬の効果は大きく違います。そのため、抗うつ剤を飲むことによって発生する副作用も異なり、頭痛や倦怠感等が現れることがあります。近年ではこの副作用をおさえた抗うつ剤も多く、昔に比べればだいぶ抗うつ剤は改善されています。
抗うつ剤による治療で気をつけるべきことは、患者が勝手に服用をためてしまうことです。「意味があるとは思えない」「もう飲まなくても大丈夫」と勝手に判断してしまうのがうつ病患者の特徴であり、服用をやめることで症状がぶり返してしまう事が多く、また一からやり直しということもあります。そのため、診断によって処方された薬はきちんと飲みきるように家族の人が管理するのが好ましいとされています。

カウンセリングによる治療

もう一つの治療方法がカウンセリングです。これはメンタルクリニックのカウンセラーと会話をし、メンタルケアを行っていく治療方法です。カウンセリングの診断によって自分では気づかなかったことに気づき、それが治療のきっかけになることが多いです。そのため、診断によってカウンセリングが必要とされた場合はカウンセリングを行います。なお、カウンセリングでの診断はカウンセラーだけではなく、家族の人でも行えますが、その際には頑張れという応援や相手の意見を否定するのは避けておきましょう。特に応援はうつ病患者にとっては責められていると受け取ってしまう傾向があるのでかえって悪化する可能性があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加