女の人

うつ病との付き合い方|早めの診断と日々の過ごし方が重要

注意事項

医師と患者

家族との会話

うつ病の人の診断に家族の人が付き添うこともあります。そして診断の際にいろいろな治療に関するアドバイスを受けることは多いです。そんなアドバイスの中で注意すべきことが2つあります。それは、会話の際に応援と否定をしてはいけないということです。うつ病の人と会話をするというのはメンタルケアにおいて大きな効果を発揮します。特に家族や友人の会話は時としてカウンセラーとのカウンセリングよりも正直に自分の気持ちを伝えてくれるケースもあるのでより良い結果をもたらすことがあります。しかし、応援や否定をしてしまうことで逆に悪化するケースも有り、必ずしも良い結果を生み出すとは限らないのです。

応援と否定の結果

会話で応援や否定を行うとどんな反応になるかということを紹介しましょう。例えば、否定です。これは、相手がどんなネガティブな事を言ってきても否定してはいけません。どんな内容でも、否定は自分自身を否定されたという結論に達してしまうためより症状が悪化してしまうのです。また、応援も同様の効果をもたらします。うつ病の人は、頑張れという応援を「自分は頑張っているように見られていない」もしくは「自分は精一杯頑張っているのにこれ以上何を頑張ればいいのか」と受け取ってしまい、症状が悪化します。よって、応援と否定は全体的にタブーとされています。うつ病の人と会話するときは、聞き役に徹し、相手の話を聞いてあげるのが重要です。そして「ではどうすればいいだろう」と一緒に考えることが治療につながっていきます。どうしても接し方がわからないのなら診断の際に主治医の人と相談する事を推奨します。また、会話の機会が多いときは、自分も診断を受けてこまめに自分のメンタルチェックをすることも推奨します。

このエントリーをはてなブックマークに追加