女の人

うつ病との付き合い方|早めの診断と日々の過ごし方が重要

心に発生する負担

ドクター

無気力は症状の側面の一つ

うつ病といえば、無気力になってネガティブになるというイメージがまっさきに浮かびます。これは確かに間違ってはいません。しかし、これはあくまでも症状の一端であり、無気力になるだけがうつ病ではありません。うつ病になると、人の性格は驚くほど変わります。そのため、うつ病になる前となったあとではそのギャップが非常に激しいです。ここでは、そんなうつ病になることで変わる性格について紹介しておきましょう。
まず第一に挙げられるのが、無気力かつネガティブな性格になるというものです。これはうつ病が発症することにより関心や意欲を司る機能が正常に働かなくなることが原因とされています。そのため、何を行うにしても無関心になり、ネガティブな返答しか返ってこなくなるのです。そのため、以前は好きだったことも急に無価値なように思えてしまいます。この状況は、治療や診断に関しても非常にデメリットが多いです。投薬治療や診断すらも無駄だと感じるようになってしまうため、治療計画に大きな狂いが生じてしまうのです。

感情の暴走

もう一つの症状が、感情の暴走です。これは、ネガティブになってしまう他、暴力的な性格になってしまったり、妙にハイになってしまっている状態のことを指します。これもうつ病の症状の一環であり、気分障害、あるいは感情障害といいます。この気分障害は風邪や下痢のときでも発症します。しかし、うつ病の場合はさらにその発症度合いが深刻になってしまっているのです。
感情が暴走状態にある時、些細な事でも激しい怒りや悲しみ、喜びを覚えてしまいやすくなります。そのため、相手の些細なミスでも暴力的なほど怒ることもありますし、自分の些細なミスでも激しく落ち込んでしまいます。この感情障害により、自分だけではなく周囲にも大きなトラブルを呼び込んでしまい、人間関係に問題が生じることもあります。その結果、うつ病を克服したあとも人間関係がギクシャクしてしまうことがあります。よって、知り合いや家族がうつ病になった場合は、感情障害のことを記憶にとどめておきましょう。暴力的な性格になってしまうのは病気のせいであり、その人の本心ではないのです。なお、うつ病になった人の付き添いを多くしている場合、うつ病でなくてもこまめな診断をすることを推奨します。理由は、うつ病は伝染するものであり、ネガティブな話などを聞いているうちに自分も発症する可能性があるので、診断を受けることは大切です。

このエントリーをはてなブックマークに追加