女の人

うつ病との付き合い方|早めの診断と日々の過ごし方が重要

予防が大事

メンズ

予防の重要性

うつ病は、治療期間が非常に長い病気です。具体的に説明しますと、うつ病が発症した場合、診断を開始し、投薬治療やカウンセリングなどで症状を緩和していき、また正常な思考に戻るのに約4ヶ月ほどかかります。正常な状態に戻れば治療が終了というわけではなく、そこから1~3ヶ月ほど正常に戻ったかどうかの確認を行います。理由としては、その回復が表面上だけの可能性があり、治療を終了した途端にまた発症する可能性があるからです。そこでも問題がないようならば、ほぼ寛解したと判断され、治療も徐々に終了していき、投薬も治療も必要ないと判断した時点でうつ病の治療は終了します。この寛解までの期間はおよそ1年ほどかかります。
なお、この治療期間は個人差があり、初期段階での診断を行った場合もっと早く終了する可能性もありますし、逆に診断が遅れた場合は年単位で治療を続けることになります。早く終わった場合でも一年の大半を消費することになるため、うつ病になるというのは壮大な時間の浪費にもつながるのです。そのため、治療よりも予防を念頭に置くことが重要になるのです。

予防のために

うつ病の予防は、肉体も精神も健全に過ごすことがもっとも重要です。うつ病の原因の中で最たるものはストレスであり、過度なストレスの蓄積によって発症のリスクは高まります。そのため、ストレスを発散できる環境づくりを行うことが大事です。ストレス発散の主な手段は、運動が挙げられます。運動を行うことにより、体の健康に良いほか、脳がセロトニンという物質を分泌し、精神の安定に大きな効果を与えてくれます。他にも睡眠や趣味の時間を作ることでストレスの発散は可能です。
もし、自分がうつ病なのではないかと悩んでいる場合は、メンタルクリニックで診断を受けるというのも一つの手段です。診断を受けることで自分が大丈夫かどうかわかりますし、もし何か注意点が見つかったのであれば、それを改善することで発症を未然に防ぐ事ができます。「ただの思い過ごしだったら恥ずかしい」という人もいますが、何も問題がないというのは、最も喜ばしいことであり、心配した結果思い過ごしだったということは一番良い診断結果です。また、メンタルクリニックに行くのに抵抗があるのならば、インターネットで行えるセルフチェックを行い、診断してみましょう。そこでもし全く異常がないのであれば、うつ病の心配は殆どないと思って良いでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加